上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CIMG1942.jpg
 塗装しました。ちょっとしっくりきませんね。


 第一段階の塗装がいまいちな感じだったので、再塗装しました。こっちのほうが良いですね。
 更に加えて腕や足をコイルスプリングとリード線を使って配管を追加しました。メデューサを参考にしています。足の配管はこの後真鍮線を使って固定します。
 足のアーマーはキュスターの物をそのまま使っています。アーマーの出っ張り部分が丁度AT-ST脚の穴に入りました。
 ついでにホバーユニットに真鍮線で手摺を付けています。ちょっといい加減な工作かも。ナッツロッカーを参考にしました。

CIMG2009.jpg
 デカールを貼った状態です。貼り付け位置の参考になるメカが思いつかなかったので、かなり苦労しました。過去に作ったマシーネンのデカール位置パターンを思い出しながら貼りつけていきましたが、如何でしょう。高射砲の先にあるテープは、少し破損したところを再接着しているため、その固定用です。

CIMG2038.jpg
 後ろから。数字の16が結構目立ちますね。

CIMG2032.jpg
 横から。あんまりマシーネンっぽくないメカなので、ハートのデカールでマシーネン感を出しているつもりです。まぁハートマークがマシーネンっぽいのは個人的な解釈です。

CIMG2046.jpg
 前後から。股間の円盤は絶対に見えにくいだろうと思って白色にして強調しましたが、これは正解でしたね。しっかりと見えてます。

CIMG2221.jpg
 適当に汚して完成した状態です。情報量が増えて良い感じになりましたね。

CIMG2205.jpg
 後ろから。このメカはやはり後ろから見るのが一番いいですね。

CIMG2180.jpg
 横から。アンテナはただ差し込んでいるだけなのでグラグラして並行になっていませんね。いつか固定するかも。

CIMG2196.jpg
 前後から。うーん、凶悪!



以下は背景紙を使って綺麗に撮影たものです。

CIMG2539.jpg
 頭部のアップ。装甲部分と可動部分のコントラストが良いですね。顎の部分がグローサーフントの頭をひっくり返しただけというのがよく分かりますね。

CIMG2516.jpg
 頭部のアップ、その2。クリアパーツがアクセントになってますね。ちなみに腕とか顎裏にもAT-STのパーツをたくさん使っています。

CIMG2503.jpg
 後ろから。ホバーユニットにはAT-STの後頭部の平面パーツをそのまま貼りつけてあります。わかりやすいですね。

CIMG2481.jpg
 正面から。やっぱり凶悪!

CIMG2513.jpg
 腕と脚のアップ。特に腕の配管には拘ったつもりです。

CIMG2521.jpg
 ゲパルトの対空砲はSFメカにマッチするのでおすすめです。

CIMG2542.jpg
 腕も動きます。破損が怖いですね。

CIMG2552.jpg
 関節の数と可動範囲的にもっと動くはずなんですが、配管があるので大分ポーズが限定されます。

 いつかまとめて写真記事を更新致します。
スポンサーサイト
CIMG1898.jpg
 エポキシパテで造形・整形し、スモークディスチャージャを取りつけました。オスカルの物です。発煙機の設置場所はかなり悩みましたね。また後部ホバーユニット上部に手すりを付けていますが、取りまわしている間に折れてしまったので、そのまま除去しました。
 シールドを各関節基部周りに取りつけるつもりでしたが、あんまり格好良くなら無い気がするので、無しで行きます。後はリフティングフックをターレットとメインホバーユニットに各4つずつ取りつけています。

CIMG1930.jpg
 後ろのほうから。エポパテが固いのなんのって・・・。紙やすりの持ち方が悪かったのか、模型と一緒に人差し指と中指の爪を削ってしまい深爪状態になってしまいました。みなさんも180番等粗目の紙やすりで作業する場合は気をつけましょう。
 やっぱり正面よりも後姿がかっちょいいですね。ところどころエポパテに交じって黒色が差し込んでいるのはウェーブの黒い瞬着で隙間埋めをしているからです。

CIMG1908.jpg
 側面。発煙機が耳みたいですね。それか角。

CIMG1922.jpg
 前後から。ターレットが傾いているのは接続基部が斜めになっているからです。時間があったら修正します。

 次は遂に塗装となりますが、どんな色にするか現段階でノープランになります。また塗装の他にもパイピングやデカール貼り付け等も残っています。次の更新で多分完成になると思いますが、どこまで仕上げられるか全く先が読めない状況。こんなに切羽詰まった状況はコミケ以来ですね。もはやここまで来たら、考える時間を削り手を動かすのみです。

 前回からマシーネンの続きです。
 更にパーツを貼りこみ、だいたいの形が出来てきました。後はパテで造形するだけですが、パテ量軽減のため隙間を埋めていく作業を行っていきます。その前に塗装も剥がさないといけませんね。

CIMG1816.jpg
 背中です。
 思ってたよりも背中の武器が大きくなってしまいました。ホバー部分は何やらゴチャゴチャしてますが、多分ほとんどのディテールがパテで消えることになります。

CIMG1836.jpg
 横から。
 ターレットの巨大さをホバーの膨らみで相殺したつもりでしたが、どうでしょうかね。もうちょっと薄く出来たら良かったかもしれません。

CIMG1844.jpg
 正面と背面。
 グローサーフントのヘッドが見えるので、凶悪さが出ていますね。やはり背中の武器が大きいかな・・・。

 組み立ても終盤戦になってきました。組み立てさえ終われば後は塗装するだけなので、ここが頑張りどころでしょう。
長らく工事中だったイラストギャラリーを作成しました。
←の「Menu」からどうぞ。不定期に更新していきます。

trip.jpg
 最近描いた絵です。宇宙戦争に出てくるトライポッド風の対人兵器です。機体の上の方に人が乗っているので有人型になります。武器は主にレーザーになります。
SF3D to Ma.K Kanazawa Meeting FINAL(金沢ミーティング)に向けて作っているマシーネンの続きです。

 ほぼ最終ラフです。
 当初のデザインから、ターレットのデザインをほぼ一新しました。どうしてもこのホバーユニットに腕を付けるとマシーネンっぽさが出ず、どちらかというとカルネージハートのOKEに近くなってしまうため、腕を排除しました。またそれに伴いグローサーフントの発展型ではなく、ケーファーやエッグイーター、(ギガント)フロー系の中大型支援有人兵器という位置づけにしました。

CIMG1409.jpg
 イラストを元に適当にパーツを貼りつけていきました。マシーネン以外のキットだと、主にバンダイのハイゴッグとAT-ST、タミヤのゲパルトを使っています。自立出来るとこまで組めたので、ここから全体のシルエットを調整しながら進めていきます。武器はまだなのでグラジエーターから借用。

CIMG1411.jpg
 後ろから。
 このデザインのポイントはターレットの裏側(背中)、ホバーの内側と2種類のディテール密集エリアを持っているところですかね。オスカルホバーもストレートではなくなにかしらパーツを貼りつける必要がありそうです。

CIMG1417.jpg
 側面。
 思ってたよりも背が高いですね。ターレットを回転させた時、足部分にひかっかるので限定旋回方式で妥協するか、何かしら対策をしないといけませんね。前側にある対のサブホバーユニットもちょっと長いかも?

CIMG1433.jpg
 正面と背面。
 少し物足りない印象がありますね。

CIMG1406.jpg
 グラジエーターと比較して、大きさのイメージ掴む。同じくらいですね。グラジよりも出力は上という設定です。

 とりあえず仮の名前として、エッグカッターと付けてみます。ちなみに卵の殻だけを割る調理器具の名前です。
 この後もしばらくパーツの切って貼っての繰り返しになると思います。初のミキシングかつ結構大規模な工作になってくると思いますので展示会に間に合うのか、というか完成するのかという不安がありますが、地道に進めて行きたいと思います。また並行してデザイン画も進めていきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。