上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.10.21 らくがき
f01.jpg
 右腕は砲で、左腕は防御装置になります。上半身は細いのですが、下半身が割とガッチリめなので重量区分の判定が難しいですね。なのでミドルクラスという設定にしておきます。濃い目に色を置いたため雰囲気はありますが、各部の詳細が分かりにくいですね。・・・と言いつつ、そんなに線画を描き込んでいるわけじゃありません。

f02.jpg
 その線画です。ちょっとは分かりやすいですね。

f03.jpg
 線画無しのらくがきです。多分飛行・浮遊型です。

f04.jpg
 ずーっと前に描いた411Bという名前のロボットの兄弟機です。特徴的な足にしたいと描いてみましたが、結果はいつも通りですね。
スポンサーサイト
2017.08.28 らくがき

 久しぶりに頭と手のあるロボットを描きました。線画だけで絵を描く場合、ほぼ真横からの構図は立体感を表現しにくいのですが、こういう塗りからスタートする描き方だと、ラインの取り方で立体表現する必要があまり無くて、色の濃淡のみで表現すればいいだけなので、描いてて楽ですね。作業が楽な分、デザインを考えるのにたっぷり時間を取れるので助かるのですが、ありふれた構図になりがちなので普段はあまり描かないようにしています。らくがきなのでレイヤー1枚で描いてます。特に頭がお気に入りです。

r01.jpg
 浮いてるメカ。膝は多分曲がりません。脚に関して、空中では姿勢制御等で色々機能しますが、地上では多少歩くことが出来る程度で基本的に着地用である、という設定です。ストライクウィッチーズみたいですね。これも珍しく頭があるデザインです。これもレイヤー1枚です。長いリアスカートがお気に入り。

r02.jpg
 漫画のラフ。15分くらいで描いたものです。ちょっとコマの進行が早いですね。間に1、2コマ添えると良くなりそうです。下のコマについて解説すると、配置的に「吹き出し」→「爆発音」の順番で読ませることによって、音が遅れて聞こえるのを表現しているつもりです。

r04.jpg
 トップ画像案。前に描いたA-CYRUSがデザイン的に好きなので、こいつを使って描こうと始めたのですが、前に描いた絵を見ずに記憶だけで描いたせいか、結構違うデザインになってしまいました。とりあえず上の絵はA-CYRUSの仕様違いということにしておきます。ロボットが正面向いている構図なので、現トップ画像よりは描きやすいですし、何よりわかりやすいですね。

r05.jpg
 小型の作業ロボット。脚が4本で安定していて、歩行やローラーを使った高速移動が可能です。付け根の部分にも関節があるので色々な地形に対応できる便利な機械ですね。様々なオプションがあって、運搬から警備までこなせるという設定です。たまに描いたロボットの大きさを忘れることがあるので、今回は人間を置いてみました。

r06.jpg
 いつも描いてるタイプのロボットです。これも珍しく横からみた構図です。いつも以上に立体的な説得力が弱いですね。
 大体のラフが出来た後、突如知人とのスカイプが始まって、その話す時に手が空いていたので、いつものラクガキより描き込んだ状態になっています。たしか脚から描き始めたと思います。そのため全体の校正をせずにパーツ配置を行ったため、ちぐはぐで歪な感じになっていますが、これはこれで不気味なので良しとしましょう。
 ハの字に広がったシールドとゴチャゴチャした脚がお気に入り。

r07.jpg
 いつも描いてるタイプのロボット、その2です。こいつはいつもの構図に戻して描いています。やっぱり斜め上から見た構図が一番立体的に表現しやすいですし、なによりカッコイイですね。こいつもハの字シールドを持っています。一体だけが突っ立ってるイラストなので伝わりませんが、いつも描いているこのタイプのロボットの約1.5倍の大きさです。色々とハイパワー。両脇に付いているのは主に自衛用の武器で、主たる攻撃装置は背中の円柱状のパーツになり、前側に回転して構えます。
 これは名前を先に考えてから描き始めたロボットです。「スーパーダブルホーン」と言います。「スーパー」が付いてるので、「スーパー」が付いていない「ダブルホーン」というロボットがいそうですが、今のところ全く考えていません。

r08.jpg
 戦車です。ターレットがチャレンジャー2っぽいですね。

r09.jpg
人間です。多分女性。練習なのでバストアップです。描き慣れていないのが線の節々から感じられますね。もっと練習しないといけませんね。

r10.jpg
 大型ホバー兵器。ずっと前に描いたモルモルっていうホバー兵器に似ていますね。下の方にポツンといるのが人になりますので、恐ろしく巨大ですね。鉱山用ダンプトラック二つ分くらいかな。
 顎先に付いているのが武器になります。前側に伸びたボディー全部が武器用のユニットになります。これを描いた後、機体後部の推進装置を小さくして背中部分にロシア戦車のような円柱型タンクを二つ水平に付けたらもっと格好良くなるんじゃないかなと思いついたので、後日描き直すかもしれません。名前は「アントイーター」。

r11.jpg
 女性パイロット。胸に描いてある「ZGS」は「発条ガードサービス」の略称、という設定です。顔が最近読んだ漫画のヒロインに強く影響を受けていますね。最近読んだ漫画に関しては秘密です。

 前回記事の約束通り、人間の絵を1枚以上描いて更新が出来ました。良かった良かった。次回も人間の絵を1枚以上描いて更新しようと思います。
2017.07.29 らくがき
j01.jpg
 当初は線画で描こうとしていましたが、なぜか塗りから始めた絵になります。太腿から爪先にかけてのアーチがお気に入りです。

j02.jpg
 兵器ではなく建設機械です。どういった目的で使用される建機なのか詳細は決まっていません。各脚の関節は姿勢制御と短距離歩・走行及び跳躍用で、主たる移動装置は足先にあるボールになります。

j03.jpg
 無人浮遊警備機。あからさまな武器を持たないので、どういった攻撃をしてくるか分からないところが不気味ですね。

j04_20170729163130fb7.jpg
 有人歩・走行兵器。顎に付いているのは自衛用のレーザーガン、後ろに付いているのは攻撃用のビームガンです。

j05.jpg
 細身のロボットです。

 次に絵で記事を更新する時は、最低一枚人間の絵を描こうと思います。
2013.06.15 六月末
今週はかなり忙しかったため、スカーフェイスは全く進まず、来週も忙しそうです。

sr02.jpg
陸上をホバーで動く自走対空砲。ちょっと前に思いついて、そのまま放置していました。腕部のレーザーで陸上の敵を切断し、背中のレールガンで空中の敵を粉砕するので、シュレッダーと名付けました。top画像用に考えていて、なかなか手が付かず。装甲塗を少し思い出してきたので、もう一度線画から描き直して行きたいと思います。

sr03.jpg
その他外観のラフはこんな感じになります。

denndorokyame.jpgtdu.jpg
秋頃に近場でマシクリの展示会があるのですが、それに参加するか悩んでいます。天才は別ですが、能の無い凡才は人に見られるという精神的緊張=外界からの強制的な負の感情を持って自身を追い込み、それに対抗するという精神的自己防衛反応をそのまま作品のクオリティ向上という努力に転嫁することが、技術向上の近道の一つだと思っています。ネタはスーパーホルニッセか、上図のスネークキャメルを考えています。右のメカはスネークキャメルと似た武器を持っていたので、載せてみました。

10_20130613212923.jpg
過去絵。2011年の春に描いたもので、大好きなサラフを描きたいという気持ち一心で三日くらいで仕上げました。今まで描いたAC絵の中では、一番自分の中のお気に入りです。AC4のオンライン、普段オンラインゲームというのを全くしない自分ですが、AC4はAC初のオンライン環境という初代からやっていた自分としては待ちに待ったシステムで、かなり力を入れて対戦研究していました。その中でもこのサラフフレームは高速立体機動を実現できるお気に入りで、デザインと性能込で大好きです。そんなサラフが夏にコトブキヤから立体化します。発売前に何か一枚、絵を描きたいですね。後は047が発売されることを祈っております。

6月末から夏にかけて、マシーネンキットのラッシュとなり、特にウェーブの二種は人気モチーフ故速攻で在庫がつきると予想できるので、皆さん忘れずに予約しましょう。私は欲しい最低個分は予約してあるので、後は行きつけの模型店をはしごして数個手に入れようと考えています。
2013.05.29 スーパーSF
s
今作ってるスーパーロボット漫画の表紙候補です。オリジナル漫画は昔からの夢だったので、ポツポツと進めていきます。

ss
ss
設定と構成は大体出来ていて、デザインは落書きが大量にあるので選びながら清書して行きます。公開まで行けるよう、努力します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。