上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CIMG1898.jpg
 エポキシパテで造形・整形し、スモークディスチャージャを取りつけました。オスカルの物です。発煙機の設置場所はかなり悩みましたね。また後部ホバーユニット上部に手すりを付けていますが、取りまわしている間に折れてしまったので、そのまま除去しました。
 シールドを各関節基部周りに取りつけるつもりでしたが、あんまり格好良くなら無い気がするので、無しで行きます。後はリフティングフックをターレットとメインホバーユニットに各4つずつ取りつけています。

CIMG1930.jpg
 後ろのほうから。エポパテが固いのなんのって・・・。紙やすりの持ち方が悪かったのか、模型と一緒に人差し指と中指の爪を削ってしまい深爪状態になってしまいました。みなさんも180番等粗目の紙やすりで作業する場合は気をつけましょう。
 やっぱり正面よりも後姿がかっちょいいですね。ところどころエポパテに交じって黒色が差し込んでいるのはウェーブの黒い瞬着で隙間埋めをしているからです。

CIMG1908.jpg
 側面。発煙機が耳みたいですね。それか角。

CIMG1922.jpg
 前後から。ターレットが傾いているのは接続基部が斜めになっているからです。時間があったら修正します。

 次は遂に塗装となりますが、どんな色にするか現段階でノープランになります。また塗装の他にもパイピングやデカール貼り付け等も残っています。次の更新で多分完成になると思いますが、どこまで仕上げられるか全く先が読めない状況。こんなに切羽詰まった状況はコミケ以来ですね。もはやここまで来たら、考える時間を削り手を動かすのみです。
スポンサーサイト

 前回からマシーネンの続きです。
 更にパーツを貼りこみ、だいたいの形が出来てきました。後はパテで造形するだけですが、パテ量軽減のため隙間を埋めていく作業を行っていきます。その前に塗装も剥がさないといけませんね。

CIMG1816.jpg
 背中です。
 思ってたよりも背中の武器が大きくなってしまいました。ホバー部分は何やらゴチャゴチャしてますが、多分ほとんどのディテールがパテで消えることになります。

CIMG1836.jpg
 横から。
 ターレットの巨大さをホバーの膨らみで相殺したつもりでしたが、どうでしょうかね。もうちょっと薄く出来たら良かったかもしれません。

CIMG1844.jpg
 正面と背面。
 グローサーフントのヘッドが見えるので、凶悪さが出ていますね。やはり背中の武器が大きいかな・・・。

 組み立ても終盤戦になってきました。組み立てさえ終われば後は塗装するだけなので、ここが頑張りどころでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。