上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
00_20150528202717c3c.jpg
ホワイトナイトに遠距離支援用パーツを装着したという設定でつくりました。
今回は画像をクリックするとちょっと大きいサイズになります。

01_20150528202719d99.jpg
02_2015052820272060b.jpg
03_201505282027218c4.jpg
04_201505282027234f7.jpg
 ハセガワ製ホワイトナイトに追加装備を自作して取り付けてみました。改造に使ったパーツはバンダイのHGUCガーベラ・テトラとその場にあったハセガワの小さいヘリコプターキットのクリアパーツになります。
 改造の指針としては「ファイアボール→スネークアイのパーツ増加量」「大好きなMK52Gっぽくする」「実際の整備性を考えてモジュール単位で改造パーツを分離する」の三つになります。ホワイトナイトの最大の特徴である増槽部のくびれや足の形状には手を加えないようにしました。

02_20150517131144f24.jpg
04_20150517131145e82.jpg
06_20150517131146b5d.jpg
 塗装前の状態です。改造部分は以下になります。
①ガーベラ・テトラの肩バーニアをシェルの後頭部に増設。バーニアのモールドと増槽部の分割線を一体化する。
②ヘッド部分にガーベラ・テトラの頭やそのほかのパーツをくっつける。顎のシーカーが動く。
③スマードガンを更に長砲身化。ハイパワー化用のタンクを増設。ガーベラ・テトラの武器から頂戴。顎のシーカーにパイプが引っかかるので横に移動。
④手の甲が寂しいので、ガーベラ・テトラの手のパーツを貼り付け。これで腕とのジョイント部が目立たなくさせる。
⑤大腿部アーマーを下側にオフセット。
⑥パワーパイプをコイルスプリングにし、中に真鍮線を仕込んでたるみを表現。
⑦膝パーツを分離して、再接着。背を低くして隙間をエポパテでシーリング。
⑧脛部分にはガーベラテトラの背中のアレ(名前忘れた)からバーニアとタンクを装着。タンクは長いので半分ぐらいの長さに。
⑨膝裏がノーガードで寂しいのでガーベラの肘アーマーを装着。
⑩ちなみにボディとスマートガンの連結はオミット。アクションポーズをとらせるために

 塗装はいつものタミヤアクリルで迷彩や内装まで塗った後、アクリジョンクリアー光沢でコーティングし、汚した後に上から迷彩の基本色のホワイトを塗り付けツヤとコントスラトを落としました。おかげで半ツヤでもない妙なツヤを残した仕上がりになりました。バーニアはいつもの黒鉄→ブラウンの安定コンボ。違う表現も挑戦したいですが、なかなか思いつきませんね。
 デカールは赤系の物を貼りました。まんま前にウェーブから出たシーピッグのパッケージですね。マシクリモデリングブック2で宇宙物の塗り方コラムがあったのでそれに影響を受けた形になります。いつもの自分の仕上がりと違いテカっているのがその証拠。たまにはこういうのもいいっすねえ。
 「G」マークの意味は、素材に使ったガーベラの「G」、形状イメージ元であるMK52Gの「G」という感じですかね。

 名前は、頭の触覚レーダーや艶っぽい白色とアンモナイトが巻貝持ちから、こいつカタツムリに似てるなーってことで、エスカルゴにしました。なぜ英語じゃなくてフランス語かというと、こっちのほうが語感が好きだからです。エスカルゴというとスピッツの楽曲を思い出しますね。ホワイトナイトからの開発経緯俺設定も考えましたが、むちゃくちゃ長くなったので割愛します。

05_20150528202736bc8.jpg

06_201505282027373ce.jpg
ここから見る構図が、最高にカッコいい。膝あたりの曲面の重なり具合が美しいMK44。

07_201505282027393ba.jpg
やっぱりこの爪先立ちの足が最高にいいっすねえ。初見時は三脚だと思ってたのは秘密です。
ちなみに説明書通りに組むと非常に脆い部分になりますので、接着剤でガッツリ深めに食い込ませておきましょう。
特に今度レジン複合キットで発売するブラックナイトは明らかに自重が上がるので、ここや関節の強化対策は必須かなと。

08_20150528202740346.jpg
サスペンション部分に赤を差し込むだけで良いアクセントなります。簡単おすすめ。

09_20150528202742ab9.jpg
ここのモコモコ感が結構お気に入りです。

10_20150528202754faa.jpg

11_201505282027554a6.jpg
顎のシーカーは左右に回転、あとちょっとだけ前後上下にも動きます。そんなに目立たないので明るめのワンポイント塗装しても良かったかなぁと。当初はMK52Gのような四角レンズをつけようと思っていました。

12_20150528202757004.jpg
改造箇所的に後姿がインパクトありますね。

12a.jpg

13_20150528202800c70.jpg
思いのほかツヤってますねえ。

14_20150528202817d26.jpg
結構イケメンです。

14a.jpg

15_20150528202820157.jpg
スマードガンのパイプの汚しは完全に忘れていたので、完成直前になって慌てて適当に色を置きました。
ここのモールド、多分フレキシブルチューブだと思うのでシルバーでドライすると良くなると思います。

17_20150528202821635.jpg
プラによる隙間埋めが足らなかったので、予想以上にエポパテを使う羽目になり、結果自重が増大したのが反省点です。
しかし本当にエポパテは固い。表面処理後、めちゃくちゃ指が痛くなりました。

18_201505282028230f9.jpg

19_20150528202836cb0.jpg
この下の部分の合わせ目消しが失敗しています。かなり悔しい。合わせ目消しは慣れてきたつもりなんですがね・・・。

20_201505282028377e6.jpg
やばい、狸に見えてきた。

21_20150528202839416.jpg
モールドの一体化にはかなり気を使いました。パーツ交換時はてっぺんの蓋と、狸カバーの二枚に分離することでしょう。

22_20150528202840b2f.jpg
内装やパイロットもばっちり塗装しました。ヘルメットも用意していますが、やっぱり中を覗いたら人間の顔が見える方が良いかなぁと思い、未装着になります。

23_2015052820284265c.jpg

24_20150528202857422.jpg
首は回転させればよかったかな?

25_20150528202858a36.jpg
シェル裏側も適当に赤色でパイピングし、人間の体と接触する部分は茶色でレザー風にしました。

26_201505282029009a4.jpg
前側シェルを外した状態。やっぱこのキット、凝ってるなぁと感じる写真です。

27_20150528202901107.jpg
シートも革張りで高級感を出そうとしましたが、アクリジョンクリアーのツヤが残ったままです。後でうすーくメタリックをまぶし、またうすーく艶消し色を塗って直しておきますかね。

28_20150528202903375.jpg
29_2015052820293111e.jpg
良い配色になったかと個人的に思ったり。見えない部分の塗り残しが生々しいですね。

30_20150528202933a5a.jpg
殻割りした状態。いやーかっちょいいぜ。横山スーツの醍醐味でしょ。

30a.jpg
赤のアクセントが血管っぽくて、気味悪カッコいいですね。

30b.jpg

31_201505282029378a1.jpg

32_20150528202952f2c.jpg
お気に入りの一枚です。

33_20150528202953ad9.jpg
魂ステージで浮かしてみました。宇宙用はこうでないと。

34_2015052820295537c.jpg
シーカーを回転させていますが、あんまり目立ちませんね。やはり一色置くべきだったか。

35_201505282029560bc.jpg

36_20150528202958471.jpg

37_20150528203012ba2.jpg

38_20150528203013c70.jpg
ロングバレル化してるのでこういう構図が映えます。

39_20150528203015796.jpg

40_201505282030166a2.jpg
痺れるなぁ、この足の部分。

41_20150528203018bf4.jpg
アクションシーンはフル可動キットの醍醐味。ハセガワ様、あざーす!

41a.jpg
これもシーカーが下側を向いていますが、やっぱりあんまり目立たないね・・・。

42_20150528203034a5d.jpg


43_20150528203035f1f.jpg

44_20150528203037ca1.jpg
かっこええ!

45_20150528203038381.jpg

46_20150528203053268.jpg

47_20150528203055649.jpg

48_20150528203056934.jpg

49_20150528203058762.jpg
ポーズを変えてみました。片手撃ちです。これがやりたかったからボデー固定ロッドを外したようなもんです。

50_201505282030597cb.jpg
月面上空から地上目標を射撃してる感じです。

51_201505282031161d2.jpg

52_20150528203118dcd.jpg

53_20150528203119e7c.jpg
手首のボールジョイントが若干緩いが気がするので、太らせた方がいいかも。

54_20150528203121121.jpg

55_201505282031220a7.jpg
こういうのが最高に好き。

56_20150528203145fc7.jpg

57_20150528203147197.jpg

58_20150528203148cbf.jpg

59_20150528203150a64.jpg

60_20150528203151595.jpg

61.jpg
最後に過去作ったものを適当にチョイスして集合写真。フクスはでかい。

ハセガワの公式HPによると限定品とのことなので、欲しい人は早めに手に入れたほうが良さそうですね。
アンモナイト同様、グリグリ動くのでぜひスタンドと一緒にどうぞ。
Secret

TrackBackURL
→http://zenmaiguana.blog23.fc2.com/tb.php/87-dbfec359
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。